長寿祝いのまめ知識

今や日本では人生80年と言われており、長生きをする人が多くなりました。そんな中、「長寿祝い」を行う機会も多くなってきたと思います。

 

長寿祝いは「敬老祝い」「賀寿」とも呼ばれます。「長寿祝い」は、以前は数え年の誕生日に行うことが一般的でしたが、最近では満年齢で行ったり、年の初めや敬老の日などに行ったりと、人それぞれ様々な時期に行っています。本人の健康状態に合わせ、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりしてお祝いを行う方が良いようです。

 

平安時代には「五八の賀」と呼ばれる長寿祝いが行われていました。これは40才(5×8=40)のお祝いでした。現代の40才といえば、まだまだ働き盛りです。その後、50才、60才と10年ごとにお祝いされていたと言われています。

室町時代になると「五八の賀」を祝う習慣は薄れ、60才の「還暦」、77才の「喜寿」、88才の「米寿」のお祝いの習慣が一般的となり、それからいくつかの時代を経て現代まで定着しているというわけです。

 

ですが現代では60才というとまだまだ元気いっぱいの現役の年齢ですよね。還暦のお祝いは控えめに行い、本格的な長寿祝いは「古希」や「喜寿」を迎えてからの方が良いかもしれません。

 

 ・・・数え年とは・・・

生まれた時点を一歳と数え、その後正月を迎えるたびにひとつ年を加える数え方です。

仏教ではお母さんのおなかの中での一年も「いのち」として数えますので、数え年を用いるのです。
生まれたときは0才ではなく1才で、次の正月が来るたびに年を加算します。

数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。

 

還暦

数え61歳

還暦とは、「本卦還り」といって十干十二支が一回りし、生まれた年の干支にもどることからつけられたもので、数え年で61歳、満で60歳のお祝いです。

赤ちゃんに還るという意味と、赤は魔よけの色ということから、赤ずきん、赤いちゃんちゃんこ、赤い座布団などを家族や近親者が贈り、ますます元気にという願いをこめて祝います。

最近では満年齢で行うことが多くなってきている長寿祝いですが、還暦だけは昔と同じように数え年で行います。

緑寿

65歳

2002年9月に日本百貨店協会が提唱した、65才(数え66歳)のお祝いです。

人生の節目に明るい未来を作るための環境について、もう一度見直してみようという意味があるようです。環境といえば緑、ということで、緑緑(66)寿が簡潔になって、緑寿と名前がついたそうです。

現代社会にマッチした緑寿は、これから先どんどん浸透していくことでしょう。退職祝いと緑寿のお祝いを兼ねて、行ってみるのもいいですね。

古希

70歳

古希は70歳のお祝いで、唐の時代の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀也」という言葉に由来しています。

昔は70年生きる人は希であったことから、長寿の祝いとされています。

喜寿

77歳

喜寿は77歳のお祝いです。「喜の字の祝い」ともいい、草書で「喜」の字を書くと「七十七」にみえるところから呼ばれるようになったものです。

祝い方は古稀と同じです。人生80年と言われる現代では、本格的な長寿のお祝いは喜寿から、と考えている人が多いようです。

傘寿

80歳

傘寿は80才で行われるお祝いです。

「傘」という漢字をくずして書いてみると、縦書きで「八十」と見えるところから、80才のお祝いは「傘寿」と呼ばれるようになりました。

傘寿と呼ばれることから、傘を贈る人もいるそうです。

盤寿

81歳

盤寿(ばんじゅ)とは、数え年の81歳のお祝いです。

将棋盤のマス目が「九」×「九」=「八十一」になることからつけられました。

米寿

88歳

米寿は「米」を分解すると「八十八」となることによります。

江戸時代から近親、縁者を招いて祝宴を催し、参加者に桝(ます)の斗掻(とかき)や火吹竹を贈る習慣がありました。

卒寿

90歳

卒寿は「卒」の略字(卆)が九十と分解できるため、90歳のお祝いとされました。

 白寿

99歳

白寿は「白」が「百」の字に一本足りないことから、99歳のお祝いとされました。

百寿 ・ 紀寿

100歳

一世紀から紀寿と付けられました。

茶寿

108歳

茶寿は「茶」の字を分解すると「十、十、八十八」となることによります。

皇寿

111歳

皇寿は「皇」の字を分解すると「白 (=99)、一、十、一」となることによります。

大還暦

120歳

2回目の還暦を迎えたことになるため。

かつての長寿世界一泉重千代さんを讃えるために作られた言葉です。